寝具が合わない

こんにちは足整体 高坂の矢島です。

 

早速ですが、寝具は何を使っていらっしゃいますか?

ベッドですか?布団ですか?

枕はどんなものを何を使っていらしゃいますか?

 

中にはこのマットレスじゃないとダメ、とかこの枕じゃないと眠れない、などのこだわりがある方も多いのではないでしょうか?

 

と言うことで、本日は『寝具が合わない方』についてのお話をしようと思います。

足整体に来られるお客さんの中には、寝具が合わないとおっしゃる方が結構いらっしゃいます。

(靴が合わないとおっしゃる方も大勢いますが、それはまた別の機会に。)

 

「枕が何を使っても合わない」と、たくさんの枕を試してはまた次の枕を試す。

そうこうしている間に家には売れるほど枕がある、なんてことも。(笑)

 

<寝具が合わないとは>

そもそも寝具が合わないと言うことはどう言うことなのでしょうか。

今ほど色々な寝具がなかった時代でも、そんな方はいたのでしょうか?

 

僕が考えるに、

「寝具を身体に合わせる」

ではなく、

「身体を寝具に合わせる」

と言う考え方が良いと思っています。

 

どんな寝具でも寝れる身体の状態を作る。

これこそが最強です。

 

子供は床でもどこでも寝ることが出来ます。

あなたも若い頃はそうだったはず。

 

ところがどっこい、今はどうでしょう。

西川の布団が良いだの、トゥルースリーパーが良いだの、低反発がどうだの、〇〇が開発した枕がどうだの。

寝具にこだわることはもちろん良いことだと思います。

 

だけどそれと同じくらい、いやそれ以上に身体のことはもっと大切なのです。

 

寝具が合わない方の多くは、身体の背面の力を抜くことがヘタクソです。

寝っ転がっているだけなのに、ムダな力が入りっぱなしになっている状態です。

 

本来であれば、寝具に接している箇所に身体をもたれることが出来れば、身体の背面の力が緩み、良い睡眠ができるはずなんです。

 

寝具に身体の重みを預けられないと、どんな寝具を使っても身体の背面の緊張が抜けず、良い睡眠をとることが出来ません。

 

自分に合った寝具を選ぶことも大切ですが、寝具に合わせることができる身体を目指していくことはそれ以上に大切です。

 

床に接しているところに身体をもたれることが出来れば良いのです。

しかも昔は誰でも出来たことなので、今のあなたに出来ない理由はないとは思いませんか?

 

<寝具に身体を合わせるためには>

ではどうやったら寝具に身体を合わせることが出来るか。

それは、身体と寝具が接しているところに注目してみると良いです。

 

踵を例に出します。

 

まず右の踵が布団に接しているかどうか感じてみる。

踵と布団が接している広さはどうか。

踵で布団を押しつけていないか。

足のどこかに力が入っていないか。

 

こんな感じで踵に注目して感じてみる。

すると、いい感じに力を抜くことができます。

 

今度は左の踵。

次にふくらはぎ・お尻・背中・頭・腕と同じように感じていく。

と、身体全身が布団にいい感じに持たれることができるはず。

 

途中で寝てしまうこともあるかも知れませんが、それはそれで良いです。

それでもダメだったら・・・

 

一度当院にいらしてみてください。(笑)

 

人生の約1/3の時間は寝ています。

その時間を快適に過ごせるようになることは、とても意味のある大切なこと✨

 

寝具選びにたくさんの時間とお金をかけるもの良いですが、身体の方にも、もう少し目を向けてみませんか?

 

良い睡眠が取れるようになりましょうね!!

 

ーーーーーーーーーーーーー

足からあなたの健康を

サポートする整体院

足整体 高坂

埼玉県東松山市元宿2-25-15-102

070-8936-9876

公式LINE

ーーーーーーーーーーーーー


投稿日

カテゴリー:

投稿者: